人生がドン底という方へ、ドン底は人生を良くする最高の材料なんです

喜ぶ女性
Pocket

みなさんこんにちは、スマイルサポーターのフジタです。

今日は、僕もこの生きてきた30年でかなり苦しめられた

ドン底の経験!

ドン底について話していきたいと思います。

プロフィールにも書いたのですが、僕は17歳の時に父を亡くし、20歳の時に母を亡くしました。

その後も、自殺を考え、友達に遺書を書いた経験もあります。

その後も結婚を考えていた彼女に会社の入社式の1週間前にフラれた経験もあり、入社した会社のパワハラに苦しめられた経験をしました。

その当時は本当に苦しかったのですが今は・・・

「あの経験をして本当に良かった!」

と、心の底から言う事が出来ます。

このブログを読んでくれているあなたも、もしかしたらいまドン底にいるかもしれません。

右も左も分からない暗いトンネルの中を歩いている、何かわからないけど漠然とした不安がある、借金が何百万もある

など、人によってドン底の位置は違うと思います。

しかし、僕達が今の経験をしている事は必ず意味があるし、幸せになる為のヒントが必ず隠されています。

このブログを見て、幸せになる為のヒントを見つけて頂けたらすごく嬉しいです♪

ドン底を経験する人とは?

絶望

ドン底を経験する人は

あなたに何かを気付いて欲しいから起きているという事です。

例えば、僕の場合だったのは両親の死は周りの人、物を大事にする大切さを教えてくれました。

彼女との別れは自分勝手に生きない事、幸せは当たり前じゃない事を教えてくれました。

パワハラされた経験は悪い事をすれば自分に返ってくるという事を教えてくれました。

僕はドン底から色々な大切な事を学びました。

そうなんです、ドン底から学べる事って山ほどあるんです。

いまあなたが辛い経験をしている事は「神様からのメッセージ」なんです。

あなたに「お願いだから気付いて」というメッセージなんです。

僕もそのメッセージに気付いたのは結構後でした。

その理由は・・・

起きた事を人の所為にしていたという事です。

例えば「会社の○○が悪い」「なんで俺ばっかり・・」「まじ意味わかんね~」という言葉をよく耳にしますし、僕自身も言っていました。

周りからしたらそう見えるかもしれませんが「全部、自分の選択」によって引き起こされているんです。

「会社を選んだのだって自分」「親に言われたからといっても、最終決断をしたのは自分」なんですよ。

まずこの事に気付かないと自分への幸せになるメッセージは受け取れません。

なので、まずは自分自身の非を認め、反省する事を始めてみましょう。

名だたる社長さんも、ほとんどの人がドン底を経験しています。

そして反省し、また立ち直って、ドンドン素晴らしい人間として成長していってます。

そうなんです、ドン底は自分自身の成長の為に起きているんです。

まず人が本当に変わりたいと思う時は「絶望に落ちた時!」が1番強いんです!

僕も「母親が死んだ時」「彼女と別れた時」この時に「俺は心の底から変わりたい!」と思えたんですね、

そして一気に考え方、生活が一変しました。

なのでこのどん底の経験は、マジでチャンスなんです!

まずそれを意識していきましょう。

どん底は最高の材料

材料

タイトルにも書きましたが、どん底の経験は最高の材料なんです。

「意味わかんねーよ・・・」

ですよね?僕も昔に言われたらそう言ってました(笑)例えばもし僕が「両親が死んだ」という材料を持っているとして。

僕が・・・「親が死んだのは全部世の中が悪い!」と調理をすると「人の所為にする、1人前で~~す」という料理を出す事になります。

しかし、「親が死んだ経験はこう意味があるんだ!」と調理をすると「心の成長、1人前で~~す」という別の料理が出てきます。

なにが言いたいかと言うと・・・このどん底は自分の調理次第で「信頼、信用」という商品に生まれ変わるのです。

自分が人の所為にしていれば「グチばっかりの誰も聞きたくない商品」になります。

しかし、そのどん底を自分の所為だと理解し乗り越えれば「この人すごい人だな!という説得力のある味のある商品」になります。

例えばそこら辺の金持ちのボンボンのお坊ちゃんが「親が死んでも大丈夫だよ~~」と言うのと、

僕が両親を早くに亡くして、すごく辛い経験をして、乗り越えて、だからあなたも大丈夫です!

というのであれば僕の方が説得力あるし、信用されると思います。

それは相手を理解し、相手の相談に乗れて、相手を笑顔にする事が出来るという、素晴らしい商品を手にしたんです。

なので、あなたが今ちゃんと乗り越えれば、人を幸せに出来る商品が手に入るのです!

「信用、信頼」という商品は一生使う事が出来ます。この経験(商品)を使えば、同じく苦しんでいる人を笑顔に出来るのです。

例えばビジネスをやるにしたって、どん底を乗り越えた経験があれば「この人なら任せても大丈夫かもしれない!」という信用を得るのだってそんなに難しくありません。

あなたはその権利をもらったんです、なので、その材料をどう使うかはあなたしだいなんです!

どん底を乗り越える方法!

元気な人

それは1つしかありません。

とにかく行動する事!この1つに限ります。

わかってるよ!そんな事、分かっていても行動出来ないし、パニックになるんだよ!

それは頭の中で「どうしよう・・もっと悪くなったらどうしよう・・」などの妄想が先に広がってしまって、頭の中で負の無限ループが起きてしまい、行動する事も、冷静な思考も出来なくなってしまいます。

そうならないためのワークを紹介したいと思います。

ノートに書き出す

まず、あなたがいま困っている事、悩んでいる事をノートに書き出してみましょう。

するとどうでしょう、問題や対処しないといけない順番など・・クリアとまでにいかなくても、頭だけで考えている時よりも、うっすらと分かってくると思います。

私達人間は頭で自分の答えを出すのが苦手な生き物です。

「人に相談したら悩みが解決した」という経験を体験している方も多くいると思います。

あれは相手がすごい人と言うより自分の事を「客観的に判断」しているからです。

人は自分自身を客観的に見るのがすごく苦手で、どうしても自分の感情や経験を間に挟んでしまうので、他の人からみたらなんだそんな悩みかーという問題も自分では答えにたどり着かない場合が多いです。

少しでも自分で答えにたどり着くためにはノートに箇条書きでいいので書き出して、冷静に考えてみる事です。

「借金が1000万ある」と書いたなら、そこに何でもいいから解決する「手段」を書いてみましょう。

人に借りる」「仕事を掛け持ちする」「自分で仕事を始めるなど、これだけではなく、様々な対処法が出てくると思います。

なのでまずはノートに書き出して冷静になり考えてみましょう。

潜在意識を書き換える

みなさんは潜在意識という言葉を知っていますか?

この意識についてはよく、氷山の一角のイメージで説明するのですが、

氷山

上の見えている場所が、普段僕達がみている氷山でこれを顕在意識と言います。その下には巨大な氷山がありますよね?

この下の大きな部分が「潜在意識」というもので、まずこの2つの働きについて説明します。

顕在意識
  • 文章を見る
  • 人の話を聞く
  • 文字を書く
  • 仕事をする

などをする事が出来ます。

自分の意識をコントロールする事が出来る役割があります。

潜在意識
  • 心臓の伸縮
  • 呼吸
  • 血液の循環
  • 菌への対抗

など自分の意識では出来ない事を潜在意識の働きによって出来ています。

これがなんで「行動できない」に関係するかと言うと、

この潜在意識の本質はある意味維持にあります。

どういう事かと言うと、もしあなたが頭で「行動しよう!」と顕在意識で思っていても、この心の中の潜在意識が「行動したくない!」と思えば行動に移せないんですね。

「行動する=変化する」という動きは、潜在意識からしたら「変わっちゃうの嫌だ、元に戻さないと!」という僕達の行動を妨げる、ある意味妨害をしてくるんですね。

私達の中の意識のうち顕在意識は約5%、潜在意識はなんと・・95%を占めていると言われています。

ほとんど潜在意識の力で成り立っていると言っても過言ではありません。

という事は潜在意識の決定力の方が強いという事です。

例えば、顕在意識で5キロやせる!と宣言して、例えば2キロ痩せたとしても、潜在意識で体重が2キロ減った、ヤバい!元に戻さないと!と思ってしまうと、潜在意識の「維持しよう、元に戻そう」という働きによって挫折するという結果になります。

そうして挫折すると「やっぱり私無理なんだ、また失敗した、行動しても無理だ、じゃあもう行動しない」という意識が潜在意識に刷り込まれていきます。

え~~じゃあ無理じゃん

「安心してください、履いてますよ」という明るい安村さんの言葉は置いておいて(笑)

安心してください、この潜在意識に支配されていたら世の中とっくに終わっています。

この潜在意識を説得していく方法があります!

その潜在意識を説得する方法は「少しづつ行動する」という事です。

例えば先程のダイエットも「お菓子を食べない!」ではなくて「今日はチョコ1枚だけにする」など目標を簡単にしてそれを達成し、少しずつ潜在意識に「出来る!」という刷り込み、いい方は悪いですが洗脳をしていく事です。

行動に関しても「いきなり○○もやって全部やるぞ!」ではなく、「今日はこれをやろう!」という小さい目標を作って達成していけばドンドン自分の潜在意識が「俺は出来る!私は出来る!」と変わっていって、少しづつ大きな行動に移す事が出来きる様になっていきます。

あともう1つ、さらに簡単な方法があります。

それは・・声に出してから行動に移す!という事です。

例えば

  • 水を飲みますと宣言して飲む
  • キャップを開けますと言ってキャップを開ける
  • スマホを触りますと言って触る

など

これはある意味「口に出す=宣言」「行動出来た=成功」の様に、本当に小さな成功体験なのですが、メチャクチャ効果があります!

是非試してみて下さい。

人の所為にしない

怒る人

最初にも言いましたが人の所為にするのは良くないと言いましたが、人の所為にするというのはただ逃げているだけという事になります。

例えば、人の所為にしながらドン底を乗り越えたとしても、それは乗り越えた様に見えているだけで「現実から目をそらして逃げているだけ」という事になるので、また同じ事で苦しんだりします。

「会社の○○さんが嫌で!上司の○○が嫌で!」と、上司との関係をどうにかしようと努力もしないで、自分自身も変わろうとせず、グチだけをいって会社を辞めると「また入社した会社で同じよう上司に当たる」という事例が結構あるのです。

そしてまた会社をやめる、また辞める、といいう先程いった負のループにハマっていきます。

これはあなたのいまの人生のテーマを乗り越えていないからです。

人にはそれぞれ乗り越えないといけないテーマが存在しています。

嫌な上司に当たる人は「自分自身の悪いところを直さないといけない」というテーマかもしれない。

お金の問題が起きる人は「普段お金を雑に扱ったりしている」などがテーマかもしれない。

このようなテーマが必ず1人1人存在しています。

なので何か起きた時は人の所為にしないで「この起きた事はどんな意味があるんだろう!」「私がこの経験から得られる事は何だろう?」と自分自身に問いを立てる事を意識していきましょう。

そうすればいずれその答えにたどり着く事ができるでしょう!

まとめ

本日も記事を読んで下さり、本当にありがとうございます。

今日は

  • ドン底を経験する人とは?
  • ドン底は最高の材料
  • どん底を抜ける方法
  • 人の所為にしない

などを紹介しました、かなり詰め込んだので、もしかしたら頭が疲れてしまっているかもしれませんが、今日伝えた方法、考え方を意識して頂ければ確実に未来は変わってくると思います。

あまり無理せず、気長にやっていきましょう。

あなたの人生が光輝きます様に

 

お問い合わせはこちら

 

トップページはこちら!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です